便秘に悩む人向けの健康茶 ランキング第9位!「モリモリスリム(ほうじ茶風味)」の
詳細情報

  • モリモリスリム(ほうじ茶風味)

  • ハーブ健康本舗

こんな人におすすめ

  • 売れている人気の健康茶を探している方
  • 食事にも合うほうじ茶の味が好きな方
2006年に発売し、今も売れ続けているロングセラーの健康茶
参考価格
3,456円(税込)
内容量
1袋/5gティーバック×30包

<解説>
発売から10年で累計販売1億7,400万包を突破した(※)、ロングセラー商品。売れ続ける理由は、たっぷり5gの茶葉に、ゴールデンキャンドルなど24種類の厳選ハーブがバランスよく配合されている事、抽出時間を変えることで効果を調整できる事、毎日飲める上質な味わい、にあります。※ モリモリシリーズ累計販売数(ほうじ茶、紅茶、コーヒー、ソフト、プレミアム、黒モリ、フレーバーティー)2019年4月末時点

お召し上がり方

  • 1.大きめのマグカップまたはティーカップに1包入れてください
  • 2.約250ccの熱湯を注ぎ、3~5分程度そのままひたしてください
  • 3.軽くかき混ぜ成分をよく出し、ティーバッグを取り出してください
  • ※初めてお飲みになる方は、最初は少しずつまたは濃度を薄めに作るなど調節をしながらお飲みください。

原材料

ゴールデンキャンドル、ほうじ茶、玄米、ハト麦、プーアル、麻の実、ガルシニア、コレウスフォルスコリ、ヤーコン葉、スピルリナ、明日葉、桑の葉、桃の花、イチョウの葉、オオバコ葉、フユアオイ、薔薇の花、カワラケツメイ、キダチアロエ、羅漢果、杜仲の葉、アマチャヅル、蓮の葉、コタラヒムエキス末

注目の原材料

ゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ)
熱帯アジアの湿地帯に自生する植物。別名カッシア・アラタとも言われています。不足しがちな食物繊維を豊富に含み、腸内環境の改善に役立ちますが、摂取量には注意が必要です。※キャンドルブッシュ(またはゴールデンキャンドル、カッシアアラタ)について
一度に多量に摂取した場合、人によっては激しい下痢を起こす可能性があります。1日の摂取量や抽出する濃さには十分にご注意いただいたうえで、ご飲用ください。
参考サイト:キャンドルブッシュを含む健康茶-下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意-(発表情報)_国民生活センター[2019年4月17日:更新]
ハトムギ
穀物の一種。食物繊維を豊富に含む他、脂質やカルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2なども含まれるため美容効果も期待できます。

この商品の注意事項

      
  • 1日1包を目安にお召し上がりください
  •   
  • 1日の目安量以上に過剰摂取したり、ティーバッグを長く浸しすぎると、人によってはおなかがゆるくなりすぎる事がありますので、ご注意ください
  •   
  • 初めてお飲みになる方は、最初は少しずつまたは濃度を薄めに作るなど調節をしながらお飲みください
  •   
  • 万一体質に合わない場合は飲用を中止してください
  •   
  • 妊娠中・授乳中の方は、飲用をお控えください
  •   
  • 病気などで通院中の方やお薬を常用されている方は、かかりつけの医師、薬剤師にご相談の上お飲みください
  •   
  • 原材料をご参照の上、食物アレルギーのある方は飲用をお控えください
  •   
  • 自然の野草茶ですので、収穫時期などによりお茶の色や味に多少ムラがあることがありますが、品質には問題ありません

「おすすめ健康茶」大百科

飲み始めるのは簡単だけれど、続かないのが健康茶。あらゆる健康茶を30種類以上試したことがある女性が集結して、健康茶の続け易さを日々「自分の体」で体験して評価し、おすすめの健康茶を紹介します。

ランキングについて

■大手通販サイトの人気・売れ筋ランキングで上位に入っている健康茶のおすすめ44商品を「人気度・売れ筋」「価格のお手頃感」「飲みやすさ(味・香り)」の計3つのポイントで比較・評価し、ランキング形式で紹介しています。(2020年5月29日更新)

■「1杯(1本)あたりの費用」計算方法 以下のいずれかの方法で計算しております。

■免責事項
当サイトに記載されている情報は、「おすすめ健康茶」大百科の独自調査に基づいてまとめられたものです。細心の注意を払って調査しておりますが、学術的な情報の正確性、安全性、最新情報であるかどうかを保証するものではありません。
各商品の効果には個人差があり、具体的な効果を保証するものではありません。
当サイトに記載されている情報により、不利益や損害を被った場合でも、当サイトはその責任は負いかねます。
なお、当サイトの掲載内容に関して、情報の訂正、修正、追加、削除等は通知することなく行うことができるものとします。
同時に、当サイトの掲載記事および写真を他のサイトや書籍などに転載する行為は禁止とさせていただきます。

PAGE TOP